FC2ブログ

天使のあくび。


高校時代からバイトをしてくれていた子の第二子となる長男クンのお宮参りで来てくれました~♪

いや~、かわいい💕

子供って、ホント奇跡ですね~‼️

会っただけで、こんなにも幸せな気持ちにさせてくれるのですから♪

ようこそ、世界へ!

この素晴らしき世界。

たくさんの愛情が繋げてきた命のバトン。

無限の可能性。

楽しんでね~♪

また一つ、大事な人が出来た幸せ、感謝します
スポンサーサイト




只今、午前1時53分。

、、、。寝ます。

ついつい、遅くまでやってしまいました❗️

病気。

数年前からの持病、痛風。

いつもなら、足にくる発作が

今回は手に来ました!

痛みMAXまでいったら、仕事はおろか、日常生活すら困難な程の激痛なのですが、

今回は7割程度!なんとかイケる深度でした。

はて?何故に今回は手に?

しかも、聞き手の右手首!

「右手が痛い」

「右手がいたい」

「右手が言いたい」

おっ?右手が何かを訴えてる!

と感じ取った、アホのそば屋な私。

早速、小学校以来の筆を痛む右手に持ちました。

あれから、何日でしょうか?

毎日のように続けていたら、

今日‼️

なんと、お店に恥ずかしくもなく貼っておいた一枚の半紙

こちらです


これを毎朝のように見てくれていた、

当店のお掃除担当のパートさんが、

「色紙にこれを書いてください」

って、言ってきてくれました!

頼まれごとは、試されごと。

もちろん、

「喜んで♪」

とお返事しました!

いや~、こんなことになる日がくるなんて、驚きました(^_^)
それと、病気ネタでもう一つ。

かれこれ、1ヶ月以上前から、咳が止まりません!

最近では、寝るのも困難な状態になってしまいました!

初めて喘息の吸引器を処方されました。

喘息持ちの方の辛さが、よ~~くわかりました。

よかった♪良かった♪

また一つ、優しくなれるはず!

そして。この咳になんの意味が隠されているのか?

解明するのが楽しみです!

今日も1日大感謝!

私のミカタ。


起こったことをどう見るかで、物事は全く別の解釈にもなりえる。

同じものを見て、何も思わない人もいる。

かたや、感動する人もいる。

苦手だな~(T . T)って思う人がいる。

かたや、その人のことを好感を持てる人がいる。

すべては見方。

すべてを味方。

出逢う人、事、もの、すべてを味方にしちゃえるのは、自分次第。

この世で一度しかない今日。

それって、スペシャルな事でしたね♪

感謝します!

出逢い。


人は出逢いの中でしか生きられない。

出逢いこそ全てだ。

いい人も、悪い人も、自分を成長させる為に出逢ってくれたんだ。

いい事も、悪い事も、自分を成長させる為に出逢い、起こったんだ。

ならば、

出逢いには、感謝しよう。

出逢いを大切にしよう。

出逢いに出逢おう。

今日の出逢いに感謝します。

嫁さんと娘の会話。

人には人の乳酸菌。
すいません。言いたいだけでした。

人には眠る時の癖や習慣を持っている方っていると思います。

特に幼児には、色濃くありますよね!

タオルを持たないと寝れない子。

お決まりのオモチャを持たないとなかなか寝れない等々、あると思います!

ウチの上の子は来月3歳なのですが、眠る時にママかパパの指を噛んで寝るんです。

ママは、下の子がまだ小さいので寝乳しながら寝かしつけ。そうすると、上の子はしょうがなくパパの元へ。

先日、珍しく下の子は既に寝ていて、パパはまだ寝室にいない夜、上の娘・こころは、ママと2人で寝れる、絶好のチャンスでした!

ママは、最近手荒れが始まる季節なので、ハンドクリームをぬって眠ることに。

そんな、2人の会話です。
こころ『ママ、指~』

ママ『ごめん、ここちゃん。ママクリームぬっちゃったから、カミカミは出来ないよ♪』

こころ『やだぁ~(T . T)指食べたいのっ!』

ママ『・・・。』

こころ『おてて、洗ってきて♪』

渋々、手を洗いこころの隣に寝っ転がると、スグにママの指を引き寄せるこころ。

そして、満面の笑みで一言。

『ママの指、おいしっっ♪』
そんな時も、流石はアホのそば屋の私、

その場にいませんでした( ̄^ ̄)ゞ

聞きたかったなぁ~♪

奇跡。


咲くの漢字が分からなかったのも、奇跡です。

間違いもまた、良し。と、なりますかね~♪
もう少し文章改めてたいですね~♪

Mr.Children「PADDLE」


大好きなMr.Children。

沢山の名曲があるのですが、その時その時で、

心の琴線にかかる曲がありますね(^-^)

いつもは、軽~く流しちゃってる曲なんかも

あれ?ここ何日か、この曲気になってる!

この部分が!みたいな。

特に私は歌詞に釣られるのですが、

この「paddle」も、まさにそうです。

笑顔でいたら良いことある。

招福来門。笑う門には福来たる。

それもそうなのですが、

まず笑顔になれることこそが良い事なのだと。

思う事の大切さを噛み締めさせてくれる歌詞です。

今日も1日大感謝♪

ツイてる♪ツイてる♪絶好調~♪

色づき。

毎朝、父が落ち葉掃除をしてくれているのですが、この時季、まぁー落ちること!落ちること!

お昼終わりに娘とお掃除してきました!

ほとんど、ジャレて遊んでいただけになってしまいましたが(~_~;)

しかし、我が家の小さな紅葉もしっかりと、秋を感じさせてくれます!

美しい彩りに感謝です( ̄^ ̄)ゞ

子育て。

子供って教えた通りには育たないんです。

親のした通りに育つんです。
現在、子供を持つ大人の方、これから家族が増える方に是非とも一度は考えて欲しい、ふとした時に思い出して欲しいお話をしますね!

教育学博士の小林正観さんからのお話です。

小学校、中学校、高校の生徒の暴力的な犯罪が相次いだ時、ある大学教授がこんなことを新聞に書いていました。

「青少年の犯罪は、家庭教育が崩壊してしまったことに原因があるだと思う。家庭教育がもっとちゃんとしっかりしていれば、こういうことにはならなかったのではないか」

「我が家では、まず言って聞かせ、それがどうしてもわからない時は、それから殴るようにしている。すぐに殴ってはいけない。言って聞かせ、話をして、それで言うことを聞かなければ、殴ってでも言うことを聞かせるようにしている。すぐに殴ってはいけない。まず言い聞かせて、それでもわからなければ、殴ってでも言うことを聞かせる必要がある。そのような方法論を取るべきなのではないか」

と言うものでした。

私は仰天しました。
自分の思い通りにならない時や、自分の思い通りにならない人がいる時、それを、

「暴力を使ってでも言うことを聞かせる」

と言う方法論を教え込んでいることになります。
言葉で言うことを聞かない人間に対して言うことを聞かせるためには、暴力を使い、殴ってでも言う事を聞かせるのだ、ということを正当なことだと思っているように私は思いました。

「気に入らない人間がいたら、気に入らないことがあったら、暴力を使え」

と言う方法論教え込んだら、その子供は、大人になったときに、自分の子供に対しても必ずそうするようになるのです。

その子供に対して、怒鳴る、怒る、声を荒らげる、言うことを聞かなければさらに暴力的に殴る、叩く。
そういう方法論を使ってきてしまった親は、子供にその方法論を教え込んでしまっています。
言葉で教えたのではなく、気に入らない人間がいたらそうするのだ、ということを、身をもって実例として、見本として教え込んでしまったのです。

今、そのことに気がついた人は、自分の子供と話し合ったほうがいいと思います。
「そういう方法論を間違って教え込んでしまったけれども、その方法論を使わないほうがよい」

「自分の子供に対しても、その方法論を教え込まないほうがよい」
と言う事を話したほうが良いと思います。
そうしないと、その暴力的な家系は延々と続くのです。何十代も何百年も、ずっと、親が怒鳴り、起こり、声を荒げ、言うことを聞かなければ暴力を使ってでも言うことを聞かせる、という方法論をずっと継承していくのです。
どこかで、誰かの世代で、そこに気がつかなければなりません。




という内容でした!

僕自身子供の頃親に1度か2度は殴られた経験があります。
それはしつけのために必要なことだった。と思っていました。
けれども、自分が子供を持つ親になると、父がしたことを自分もいつかすると思っています。

しかし、正観先生はそこを言っているのです。
それでは、いつか、自分の子供、そのまた子供、そのあとかもしれませんが、他人に暴力的になる子供を増やし続けていくだけなのです。


子供は教えた通りには育たない。
親がした通りに育つ。

ひとりでも多くの大人が気がつきますように。

ひとりでも多くの子供が傷つきませんように。

よく物をもらいます。


昨日も2名の方にありがたくも食べて欲しい!

と、頂いちゃいました!

あ、あと、バイトさんからは修学旅行のお土産も頂きました!

なぜか、ウチはよく物をもらいます!

本当にありがたい!

感謝♪感謝です( ̄^ ̄)ゞ

アイデアは出逢いから!


出逢いって何回も言っていたらアイデアになりました~♪

はい。すいまて~ん♪


今年も春日部市本田町でみかん狩りが出来まーす(^o^)/

今朝見てきたのですが、すでにたくさんの実をつけてました~♪

ウチの子、普通じゃない♪

ウチの上の子が、今年3歳なので、

先日、行ってきました。七五三の写真撮り。

さすがにこの時季、混み合っていました~(^_^;)

スタジオ◯◯◯。

着物はママの着ていたものがあるので、ドレスを貸してもらって、洋装・和装の2パターンを予定していました。

下の娘もドレスを借りて取ることとなったのですが、着替え室に入ると不穏な空気に!

なんと、ウチの子急に嫌がってしまったのです!

前日までノリノリでお写真撮ろうね~♪

と、話していたのですが(^◇^;)

しかし、なんとかドレスに着替え、撮影開始!

すると、全く笑顔がありません。

周りの先に撮影をしている子達は、にっこり笑って、サクサク進んでいくのに、ウチの子ワンカット撮るのもブスッとしてました。

なんとか、ドレス撮影が終わって、和装にお着替え!しかし、その間も泣いていました。

そこで、本人に話を聞くととに‼️

そしたら、帰りたい。って言うんです。 

以前の僕なら、何としてでも着替えさせ、撮影させていましたが、こんなに嫌がっているのなら、何もこのまま撮らすことないんじゃないかと思っちゃいました。

子供には、チャレンジして貰いたい!

周りにかけた迷惑なら、何度だってパパが謝ってあげる!

そう、誓って父親になった僕なので、早速お店の人にご相談!

「すいません。今日はもう無理そうなので、やめちゃって良いですか?折角半分終わったのに申し訳ないのですが(T ^ T)」

すると、お店の方

「いいですよ~♪またご予約して残りのショット取りに来てくださいね(^^)」

ですって!

私服に着替え、お店を出て、少し歩くといつものご機嫌さん♪

何が、お気に召さなかったのかは、わかりませんが、普通に撮れるより、面白く、記憶に残る写真撮影でした!

って、写真がない囧rz

今度は自分達で写真撮影をすることを決めた

我が家でした~♪

気がつけばどんどん高くなるスタジオ撮影より、きっと最高の笑顔をとりますよー!

 | トップ | 

プロフィール

アホのそば屋

アホのそば屋

めん房朝日屋チーフのひとり言です
自称『アホのそば屋』です。
日々、沢山の『ありがとう』に、ありがとう。

カレンダー

« | 2015-11 | »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

広告