FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宣教師ザビエルがみた日本人。

未開の国、日本に宣教師ザビエルが

キリスト教を広めに遣って来ました。

まだまだ世界から見ると産業の遅れてい

る当時の日本。

そんな、発展途上国の人々にザビエルさ

んは、めちゃくちゃ驚いたそうなんで

す。

日本人についてこんなこと言ってます。

『日本人は礼節を大切にし、

一般的に善良で悪い心を持たず

何よりも名誉を大切にする。

人々は一般に貧しいが、

日本人は貧しさを恥とはしていない。

誇りを失うことを恥と考えている』


誇りを大切にする日本人。

例えば日本生まれの剣道。

胴のすぐ下の「垂れ」と呼ばれる部分に
 
は、剣士の名前が書かれています。 

これは、

「先祖の名において、卑怯なことは一

切しません」という誓いの証だそうです


自分自身の誇り。今一度確かめてみたい

と思います!



スポンサーサイト

練習

ただいま、練習中。

おもしろい。

幕末長州藩の高杉晋作の辞世の句は、

とても有名ですね!

長州藩と薩摩藩が手を結び、時代の流れが変わり始めた頃、晋作は結核にかかり、日に日に弱っていくことに!

そんな晋作を看病したのが、

野村望東尼。出家したお婆ちゃんです。

晋作が藩内保守派に命を狙われていた頃、福岡の平尾山荘で望東尼に助けられました。

望東尼がスゴいのは、沢山の志士を助けて、擁護した罪で島流しになるんですが、既に60歳を超えた身で厳しい寒さの中、海に面した牢屋に10ヶ月も耐えたんです。

しかも、牢屋の壁には次に入る人の為に、「つらいのは初めの20日間だけ」
ということを落書きしちゃう♪

ちなみに、10ヶ月後助け出されるのですが、その指揮は高杉晋作がしたそうです。

そんな仲の2人。

晋作を最後まで看病した人が言うには、

『晋作は60歳を越えた望東尼を母のように慕い、望東尼が病で寝込んだときには三階に望東尼が寝て、一階に晋作が寝た。二人は寝込んだまま詩と歌のやり取りをするので、私は階段を昇ったり降りたりしてさすがに足が疲れた』と言うほど晋作と望東尼はお互いに大きな影響を与え合う存在でした。

高杉晋作、最後の時

『おもしろき 
  こともなき世を
    おもしろく』

と有名な辞世の句を読みます。
しかし、これはまだ未完成の上の句だけ、実はこれも望東尼に向けたモノでした、

それに対して望東尼、下の句でこう返します。

『住みなすものはこころなりけり』

晋作
「おもしろない世の中をおもしろく生きるために、どうする?」

と上の句。

望東尼
「おもしろく生きられるかどうかは、現実が決めるのではなくて、自分の心が決めること」

と下の句。



「上の句の素晴らしさに対して、
下の句がつくとつまらない」

と、いう評価をされている方が多いそうですが、二人の関係を通して詠んでみると、僕は大好きですね!
二人の生き方、生き様、を生き写したような句が出来上がっていると思います。

『おもしろき こともなき世を おもしろく 住みなすものは こころなりけり』

晋作は、望東尼の下の句を聞いたときこう言ったそうです。

『おもしろいのぅ』

そう言って、天に召された。

たとえ、どんな状況でも、自分の心は自分で決める!

大切なことを教えてくれた高杉晋作。

感謝します。


春風。

ときは幕末。

欧米列強が侵略によって植民地として海外領土を広げていった大航海時代。

アジアの国々が次々と植民地化していきました。

日本の隣の清国(中国)にすらイギリスによって植民地化され、奴隷のような扱いを清国人は受けていました。

その頃、日本は江戸幕府。

長い間鎖国をしていた日本も古い体制を終わらせて、新しい国造りをしなければ、植民地となってしまいます。

そんな時代に生まれた男

高杉晋作。

長州藩の尊皇攘夷の志士として活躍。

藩内の革命派の重役が幕府からの圧力で7人処刑され、藩内の尊皇攘夷の革命派は全て抑えつけられる事態に!

しかし高杉晋作は、あきらめない。

何とか集まってくれた84人の仲間で革命戦を起こそうとするのです。

しかし、

相手は藩内の保守派2000人。
更に、幕府軍15万人。

無謀すぎます。無茶すぎます。無理すぎます。

集合場所となった功山寺で宣言します。


『これより、長州男児の腕前をお見せする』

そして、見事下関の奉行所を奪取!

続いて、三田尻の海軍局藩で軍艦を奪うことにも成功!

このときの高杉晋作ことを後の、初代内閣総理大臣・伊藤博文は

『動けば雷電のごとく、発すれば風雨のごとし』

と表しています。

このときは、あの坂本龍馬も高杉晋作に力を貸したそうです。

高杉晋作が起こした藩内クーデターは成功。

このとき、新しい時代を作る方向で長州藩は固まり、日本で初めて徳川幕府とは違う独立した藩が生まれたのです。

スゴい男が日本にもいたんです。

高杉晋作。晋作という名は通称で、

実名は『春風(はるかぜ)』

といいます。

その名の通り、日本の時代に新しい

春の風をもたらしたヒーロー、

この時季、一日毎に春が近づくに連れて、高杉春風を想う今日この頃です!


愛情。

『すごい弁当力!』佐藤剛史著

数年前に読んでいたのですが、

今日本棚の中から呼ばれているような気がしてこの本を手に取ってみました。

あるページで付箋があるのでみてみると、こんなことが書いてあるページでした。


「最近は、安全で、安心で、無添加のバランスのいいお弁当もある」という人もいる。
しかし、手作りしなければならない理由がある。
助産師の内田美智子先生がその理由を話してくれています。

内田先生は28年の間に、2500人もの赤ちゃんを取り上げてきた。
しかし、産婦人科は、そんなあたたかい涙や、感動的なエピソードだけが溢れているわけではなく、冷たい、悲しい涙もある。

産婦人科には中高生もやってくる。そんな中高生の多くは、すでに性のトラブルを抱えている。若者の間では性感染症が急増し、十代の出産もある。

内田先生は、そんな子供達を何とか救いたいと思い、学校に出かけ、思春期の子供達を対象に性教育を始めた。そんな思春期の子供達と十年以上かかわる中で、
子供達が性行動を起こす理由が見えてきたという。

ある先生は、援助交際を繰り返す女子の心理を、「母親を求めようとする気持ちと、母親に復讐しようとする気持ちが同居している」と説明する。
小さな頃に親に抱きしめられたいのに、抱きしめられなかった子供が、思春期になって抱きしめられること、つまり
愛情を求めているのだという。

その『愛情』とはどこにあるのか?
内田先生は、
「実はそれは食卓の上にある」
と語る。
性のトラブルを抱えた子供達の多くは、その家庭にあたたかい食卓がなかったというのだ。
コンビニ弁当ばかりを与えられ続けられるような食生活を送っていると、子供は食べることを重要だと思わないようになる。そして自分が大切にされているとも、自分が大切だとも思えないようになる。

子供は、食卓の上で単にカロリーや栄養バランスを食べているのではない。

手作りの料理には「あんたは大事なんよ~」という親からのメッセージが込められている。



と、こんな内容が書いてありました。
何気ない毎日の食事の中には、目には見えない、栄養素では表せない、カロリー表示も出来ないけれど大切な大切な愛情が込められているんですね!

『食』とは「人」が「良」くなる為の物。と書きますもんね(^^)

 | トップ | 

プロフィール

アホのそば屋

アホのそば屋

めん房朝日屋チーフのひとり言です
自称『アホのそば屋』です。
日々、沢山の『ありがとう』に、ありがとう。

カレンダー

« | 2014-03 | »
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

広告

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。