スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりスゴいぞ日本人。その2

世界的にお洒落な町といえば

フランスの花の都「パリ」

そのお洒落な町パリで香水とハイヒールが大流行したことがあったそうです。

その理由がなんと『ウンコ』だったそうです。



あのベルサイユ宮殿にはトイレがなかったのは有名な話ですが、パリのアパートなんかにもトイレがなかった。

だから人々は木陰や草の陰、部屋の中ではオマルで用を足し、マドからポイ捨てしていたそうです。

シャンゼリゼ通りだって黄金色だらけで、普通の靴ではあるけなかったのです。


そこで香水とハイヒールの大流行となるわけです。

それも、わずか150年くらい前のことです。

けれど、近年までの都市なんてだいたいこんなもの。

ただ中世の世界最大のある都市は違いました。

きれいで、ゴミひとつ落ちてない街がありました。


それが『江戸』です。

当時の日本人もウンコを街に捨てることはしなかったのです。

肥料として再利用していました。


江戸の汚物処理はパーフェクトでした。
トイレはどこの長屋にもあり、農家の方が定期的に処理をしてくれていた。さらに、あらゆるモノを肥料にできる知識と技術が確立していて、残飯と生ゴミ、髪の毛、ツメ、風呂の残り湯や洗い物の水まで肥料にしていたのです。それもやみくもに撒くのではなく、そのゴミや汚物によって与える作物が決まっていました。

トイしで最近話題になったのがソチオリンピック!!!

テレビでみたのですが仕切りのない二つ並んだ便器。
流石に日本人はあそこで用足しはできないですよね
スポンサーサイト

やっぱりスゴいぞ日本人。

昨日、テレビを観ていたら、こんな話をしていました。

途中からだったので全体の流れはわからないのですが

「長いこと鎖国をしていた江戸時代、開国して外国人が日本に来て驚いたのが、
『日本人はよく笑う』ことだった」

我々の祖先はよく笑う人種

だからこそ、世界が認める長寿国なのかもしれません。

人は笑顔を作ると、免疫力がupすると聞いたことがあります。しかも、スゴいのは、それが作り笑顔でも効果は同じということ。

江戸時代、今では考えられない士農工商の厳しい階級制度の中、『笑い』と『笑顔』を忘れなかった日本人。

長生きの秘訣には、日本の『食』と『笑い』もかかせないポイントの1つなのですね!

 | トップ | 

プロフィール

アホのそば屋

アホのそば屋

めん房朝日屋チーフのひとり言です
自称『アホのそば屋』です。
日々、沢山の『ありがとう』に、ありがとう。

カレンダー

« | 2014-02 | »
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

広告

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。