FC2ブログ

哲学。

紀元前の哲学者ソクラテス。

そんなソクラテスさんの妻と言えば悪妻として有名です。

ある日、妻はソクラテスに対して激しくまくしたてましたが彼が一向に動じることがないので、水を頭から浴びせました。ここでソクラテスがなんて言ったか?





それは、









『雷の後は雨がつきものだ』





そんな妻なら別れちゃいな!

と言われることも多かったようですが、


そんなときは、




『この人とうまくやっていけるなら、他の誰とでもうまくやっていけるだろうからね』




ですって!



しかも、ソクラテス。悪妻との毎日を過ごしながら、青年達には結婚の素晴らしさを語っているんです。

日頃からソクラテスの妻を見ている青年達には理解ができません。

すると、ソクラテス、答えてくれました。






それは、









『優しい女を妻にもった男は世界一の幸福者になれる。
怖い女を妻にもった男は世界一の哲学者になれる』


やるね!ソクラテス♪♪♪
スポンサーサイト



なんで???

今週の月曜日の午後六時頃、

当店前の交差点で大型トラックの荷崩れ事故が発生!積み荷の大きな木材が交差点内に落下してしまいました!


僕は調理場にいたのですが、大きな音に直ぐに、

「交差点で事故だ!」

と思いました。何かと事故の多い交差点で昔からよく事故の音を聞いていたので、すぐ駆けつけると、トラックのすぐ後ろをバイクで走行していた
方が危なく木材の下敷きになるところだったそうです!

怪我人も、破損したものも何もなく、本当によかったです!


しかし、当店前の道路は、すぐに長蛇の渋滞!

なんとかせねば!の思いで交通整理をさせていただきました!

そのときは、咄嗟に両方面のドライバーに交互通行をお願いし、警察官の到着まで僕と、トラックの運転手さんで車を誘導し、近隣のご協力者の方が、手前で迂回を進めてくれました。


警察の方が来ると、すぐに当店前は当店前は通行止めとなりました。


そんななか、

交通渋滞のなか、

すぐ近くで事故があったなか、

終いには車での通行を止められたなか、


食べに来てくださるお客様がいらっしゃったんです(>_<)


いや~、本当に感謝ですね♪

改めてありがたいことに気づかせていただきました!


ご協力、ご理解を下さいました皆様に感謝します!

"楽しい"は伝わる!

動物園で暮らす動物は、屋外に長い期間出れないことがあるそうです。

気候や病気、様々な理由で外に出れない。

そのことがストレスになってしまうことも!

アメリカのとある動物園で、しばらく屋内生活をしていたサイが、久しぶりに屋外に出ることができました!

サイは嬉しさのあまり大興奮♪♪♪

二本足で立ち上がったり、後ろ足を蹴りあげたりして、外に出れた喜びを表現しました。

そんな、サイの隣の敷地にはゾウがいます。

ゾウは、大はしゃぎをしているサイを見て、

最初はビックリした様子だったそうです。

しかし、あまりにもサイが嬉しそうなので

ゾウも嬉しくなってしまったのでしょう。

鼻からラッパのような音をかなでながら、

ウキウキと走り出したそうです。



動物同士ですら、"楽しい"は伝わる!!!

しかも、他種類にでも!です。


では、私達人間社会の中で、どんな"思い"を

伝えなければならないのでしょうか?

成功する人は、○○な負けず嫌い。

『成功する人は、素直な負けず嫌い』


例えば、

「『ありがとう』って言葉をたくさん言うと、いい人生が送れるよ」

とアドバイスをもらったとします。


でも、その反応ひとつだけではありません。

・「『ありがとう』と言っただけでいい人生が送れるなら、苦労はいらない」といってやらない人。


・「『ありがとう』と言っただけで、いい人生を送れるならやってみよう」と素直にやってみる人。




人間、素直さが一番ですよね(>_<)

勇気の赤いシャツ。

岩手県のある小学校でのことです。

ある日、一人の少年が、女の子が着るような赤いシャツを着て登校してきました。

その日はとても寒く、一枚でも多く服を重ねたかったのですが、少年の家は貧乏で、上着を買う余裕などありません。

そこで、 お姉さんのお下がりのシャツを、仕方なく着ていったのです。


しかし、同級生達からは、

「女みたいなシャツ着てる。赤シャツだ!赤シャツだ!」

とからかわれてしまいました。

そのとき!少年の悲しそうな顔を見て、一人の少年が声をあげました。


「そんなこと言うなよ!寒くなければ、シャツのいろなんてどうでもいいだろう!」

からかわれている子をかばうのは、とても勇気のいることです。少年は、精一杯の勇気を奮って注をしたのでしょう。

たた、同級生達はからかうことを止めません。
結局、赤いシャツの少年は泣き出してしまいました。



その翌日のことです、声を上げた少年はが投稿してくると、

教室中が騒然となりました。その少年が、堂々と赤いシャツを来てきたからです。

このこの様子をみて特に驚いたのは、からかっていた同級生たちでした。

「・・・昨日はごめんよ。悪かった」

同級生達は、2人の少年に素直に謝ったそうです。

仲直りができてニッコリと微笑む少年。

彼の名は、



宮沢賢治と言いました。

『別れ』

まだ、アホのそば屋(僕です(^-^))が少年時代。


ドラマ『東京ラブストーリー』の最終回。


今日で最後だと思うと、寂しくて、寂しくて


子供ながらにハマっていたドラマだったので、

寂しかったですね~



以来、面白くてハマるドラマや、映画や、小説、漫画、最後が来るのが寂しいのです。


これは、学生時代の卒業の「別れ」にも同じことが言えたり、飼っていた犬を事故で失ったときも悲しさと、寂しさが込み上げてきました。


最近、ふと考えたんです。


別れの寂しさは、何から来るのかなぁーって!

そうしたら、すぐなわかっちゃったんです!

スゴく簡単なことだったんです。




それはですね、



こんな簡単なことです。



「別れの寂しさは、『ありがとうの量』と比例する」

ということ。


誰かとの別れが寂しくて、悲しくて、辛い分、

その人に『ありがとう』って気持ちがあるんです。


そうわかった途端、

寂しくて、悲しくて、辛いマイナスな気持ちが、

出会ってくれてありがとう、っていうプラスな気持ちに変えられるようになりました。


今日も一日大感謝!

アホのそば屋でした!

だいせんじがけだらなよさ。

四月。


春ですね~(>_<)

始まりの季節です。


そんな中、3月に経験した"別れ"なや寂しさが残っている人も多いのかと思います。


そんなときの、おまじないの言葉が
あります。


『さみしくなると言ってみる

ひとりぼっちのおまじない

わかれた人のおもいでを

忘れるためのおまじない

だいせんじがけだらなよさ

だいせんじがけだらなよさ。』

by寺山修司




だいせんじがけだらなよさ?


逆から読むと、


「さよならだけが人生だ」


出会いには必ずついてくるもの、それが「別れ」

サヨナラは、新しい出会いのチャンス(^-^)v

みなさん、より良い出会いがありますように!

迷惑は・・・。

『周りの人な迷惑をかけてはいけません』

『迷惑でしょ!』

なんて、親が子供に教えることってよくあります!


なかには、


「将来、お子さんには、どのようになってほしいですか?」

の問いに、


『人様に迷惑をかけない子になってほしい』

との、答えも聞きます。



確かに、その通りです。


人に迷惑をかけないことは、大切なことです。



子供には、しっかり教えなければなりません。


ちなみに、インドでは同じことを教えるのに、

こんな言い方で子供に教えるそうです。


『あなたもたくさん、迷惑をかけるのだから、人のことは許しましょうね♪』


ですって、たまにはこんな言い方もしてみたくなりますね♪


人に迷惑をかけずには、いられないですよね。


自分に、子供かできておもいました。

一日に何度もおむつを変えて、おっぱいや、ミルクをあげて、面倒をみます。僕は寝ちゃうと起きないので奥さんが専門ですが、夜中にだって起こされてしまいます。

こんなにも、自分も子供の頃、世話をかけていたのだと。


だからこそ、親から受けた愛情を自分の子供に伝えていけるのですね(^-^)

迷惑は、かけるのだから、許してあげる!

アホのそば屋でした(^-^)/

常識。

『常識とは18歳までに培った偏見のコレクションである』

と、アインシュタインさんは、言いました。

常識。身につけていなければならない大切なものですよね?だがしかし、だがしかし、時にこの常識が邪魔をすることすらあります。

それを見事に言い表した言葉ですね。


例えば、月の模様。


日本では
『お月様には、ウサギがいて餅をついている』

となっていますが、世界中でウサギかと思ったらこんなにも違いました!


月の模様

東ヨーロッパなんかは、見ている模様が違います!


驚きです(*_*)


しかし、よくよく見ると国や場所によって、
『見え方』が違うのですね、

同じ模様を見ているようで、少し角度が違うのです。

それだけで『見え方』はこんなにも変わるのですね!


これって、日常でも同じことなんじゃないかと思います。


自分にとって苦手な人も、周りのみんなが苦手だとは限らない。

自分がイライラしちゃうことも、周りのみんなは全く平気。


だとすると、自分にとってネガティブな事も、人も、物も、自分の作った小さな『常識』を広く大きくしてくれる、ありがたい存在なのですね♪


今夜の月の模様は何に見えますかね♪

花見。

生きざまのカッコ良さで大人気の坂本龍馬。

エピソードが沢山ありすぎて、いちいちどれも面白いのですが(笑)僕が大好きなエピソードは、
青年になった龍馬が脱藩するときの話です。

今の時代では考えられないことですが、当時は隣の県(藩)に勝手に行くだけで死罪です。しかも、
その罪は家族や親族にも及ぶと言われていたほどです。

当然、車や電車もない時代ですから、十分な荷物を自分で運ぶわけです。

しかしながら、龍馬はその辺を散歩にでも行くような格好で自宅の裏山に登る姿を見られたのが最後です。出掛けるときには

『桜を見に行く 』


と言って行ったそうです。





『桜を見に行く』と国(藩)を捨て、日本を良くしようとした龍馬!


今年も日本には桜の季節がやって来ました♪
(もう終わりそうですが(>_<))


今年もステキな桜を咲かせてくれてありがとうございました!

「さびしいとき」

金子みすずさん詩「さびしいとき」です。



『私がさびしいときに、よその人は知らないの。

私がさびしいときに、お友だちは笑うの。

私がさびしいときに、お母さんはやさしいの。

私がさびしいときに、仏さまはさびしいの。』



さびしさは、他人には伝わりづらいのです。

友だちには、笑われてしまうのです。

お母さんは気づき優しくしてくれるのです。

仏さまは、無理に励まさず一緒にいてくれるのです。

この詩は、読むごとに深みのある物語となります。きっと、人それぞれ感じ方は違うと思いますが、それぞれの人生と寄り添える詩です。


素晴らしい詩に感謝します!

アホのそば屋でした(^-^)/

ワイルドナンバーワン・・・

去年の流行語『ワイルドだろ~』で人気者となったスギちゃん(^-^)


しかし、スギちゃんよりもワイルドな男が今日、

誕生した日です。



その男の名は、

浄土真宗の開祖 親鸞です。



お魚?食べます!食べます!


奥さん?もらいます!もらいます!


子供?産ませます!産ませます!


それまでのお坊さんの戒律をすべて破った、

はじめてのお坊さん。


それが、ワイルド親鸞ちゃんです。


そんな、親鸞はこんなこたを言っています。


『一人いて悲しい時は二人いると思え。

その一人は親鸞なり』


ワイルド親鸞さんとは、思えない優しい言葉。


悲しいとき、一人じゃないよ♪

一緒に悲しむよ♪


そんな素敵なお坊さんが親鸞さんです。

 | トップ | 

プロフィール

アホのそば屋

アホのそば屋

めん房朝日屋チーフのひとり言です
自称『アホのそば屋』です。
日々、沢山の『ありがとう』に、ありがとう。

カレンダー

« | 2013-04 | »
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告