スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸しぐさ その2

人の足を踏んでしまった時、踏んだ方が謝るのはもちろんのこと、踏まれた方も

「こちらこそ、うっかりしてまして」

と謝る『うかつあやまり』。



乗り合い舟で、後から乗って来た人のために

先客が一斉に腰を上げてスペースを詰める


『こぶし腰浮かせ』。


約束なしでの訪問や遅刻を禁じた『時泥棒』、



みんな、互いに配慮することの大切さを教えてくれています。
スポンサーサイト

江戸しぐさ

「江戸しぐさ」という本は商人がまとめたもので、

しぐさという字も「仕草」ではなく、「思草」と書くそうです。


単なるマナー本や教養本ではなく、江戸の商人哲学が詰まった書物でした。

たとえば、「通りを歩くときのマナー」。

どこへ行っても人だらけの江戸の町、人とすれ違うときには『肩引き』といってお互いが少しずつ肩を引いてぶつからないようにしたり、

「傘かしげ」といって濡れない程度に傘を傾けあったり、というようなことが、書いてあったようです。

『気づかい』のルーツ

『気づかい』とよくいいますが、そのルーツは江戸時代までさかのぼるそうです。


徳川家康が江戸幕府を開いたのが1603年、これ以来江戸の町には大きな変化が起こったみたいです。

それは、





なんと、






人口が爆発的に増えたそうです。





ひっそりとした村だった江戸が、

幕府が開かれて100年後には当時の世界で最大の人口を擁する町にまでなってしまったのです。


現在の東京の1平方キロメートルあたりの人口密度は5700人ですが、当時の江戸は6万人だったともいわれています。

それだけの人が住んでいたからこそ、江戸では様々な文化が花開いたようなんですが、その逆に大きな問題も出てきました。


それが、人間関係です。


あまりにも人が増えすぎてしまったために、各自が自分なりのスタイルで生活をしていたら色々と不便なことも出てきてしまったんですって。





そこで、人付き合いのなかで守るべきルールを定めようということになり、そのルールをまとめた本が「江戸しぐさ」でした。


これこそ気づかいのルーツです。

ハイボール飲んでウイーーー

DSCF2422.jpg


当店、めん房 朝日屋では、

3月25日(日)までの期間


ウイスキーハイボールメガジョキ発売記念キャンペーンを


開催しております。



期間中はウイスキーメガハイボールが


通常¥680のところ¥490ですよ

世阿弥が弟子に伝えたこと

「守破離」という言葉があります。


今から600年前につくられたものなのですが、

芸事や武芸を極めるためのステップを表した言葉だそうです。

「守」とは、型を守る。つまりは基本を身につけるということ。

「破」とは、身につけた基本の型に自分なりの工夫を加えること。

「離」とは、基本を守りつつ、従来の型にとらわれない自由な型を身につけていくこと。

らしいです。

元々は、能の大家である世阿弥が後継者のために書き記した『風姿花伝』の中にあるものです。


まずは、基本の型を学び、基本の型を自分なりに

磨き、最終的には、どんな場面でも臨機応変に
対応できるように応用していく。

芸事だけじゃなく、様々な場面で通用するおしえですね!


600年前の世阿弥と今、こうしてつながりました!


ありがとう世阿弥、アホのそば屋はその教え、

受け継ぎます。




感謝。

ハイボールメガジョッキ発売記念キャンペーン

めん房朝日屋。アホのそば屋 (ahonasobaya358):
春日部市藤塚の『めん房 朝日屋』では、
3月15日(木)~3月25日(日)の期間、
ウイスキー角ハイボール、メガジョッキ発売記念キャンペーンを開催いたします。
通常¥680のところ期間中は特別価格 ¥490とさせていただきます。 #kasukabe #saitama

http://twitter.com/ahonasobaya358/status/179475175295823874

(Seesmicからの送信 http://www.seesmic.com)

朝散歩

今朝は久しぶりに朝散歩からのハッピーモーニング♪♪♪


昨日は花粉症でお医者さんに言われた通り、


布団のシーツを変え、掛け布団を羽毛からポリエステル物に変え、薬を飲み、サッカーオリンピック代表が何とか出場を決め、気持ちよく寝たので、


久しぶりに朝散歩です。


きっと、何か意味があって花粉症になっていらるのだから、そんななかでも楽しさや、気付きをひとつでも得たいと思います。

武者小路実篤

誰かに求めてばかりの頃がありました。


今でもそうだと思います。



自ら動く。


大切なのについつい、求めてばかり・・・。



武者小路実篤の『幸福者』には、


「他人に要求することを
先ず自分に要求せよ」


と、あります。



自分の機嫌は自分でとる。


自分が自分を助ける。


自分で自分を笑わせる。



自分が自分に感謝する。

夢と魔法の国

昨日は久しぶりにディズニーシーに行ってきました。




曇りのお天気でしたが、なにやら周りには沢山の学生らしき若者たちが多いこと多いこと・・・。


いつも平日に行くので、ビックリしました!!!


3月はスゴいんですね(^_^;)



ディズニーランドの人気はスゴいです。


あんなにも沢山の人を笑顔にしちゃうんですもんね。


四時間待ちでも並べちゃう楽しさがつまってるんですね。



パークは飽きが来ないように、調度イイくらいのタイミングでスケジュールを変更して、

そろそろかな?という絶妙なタイミングで新たなアトラクション建設をはじめ、来たい感を高めておいて、NASAの宇宙工学や心理学まで取り入れたアトラクションを作る。


何より働く人達のゲスト(お客様)に楽しんでいただこうとする気持ちが素晴らしいですね。


自分の動き方、話し方、などの全ての要素が自分以外の誰かの喜びになる。


そんなたくさんの人達の力が『夢と魔法の国』を作っているんですね!

五輪書

二年くらい前に宮本武蔵の『五輪書』を読みました。

バガボンドで興味を持ち、遂に五輪書です。

武蔵独自の兵法の奥深さ、極めた男にしか感じれない感覚、難しかったです。

途中、読むのをためらう時期さえありました。





あるとき、武蔵のお弟子さんを1人剣術指南役として来て欲しい。

と、いう話が来たそうです。

お弟子さんは二人いて、どちらのお弟子さんが行くのか、町の人たちの話題になっていたそうなんです。


ある日、お弟子さんが1人で歩いていると、向かいから暴れ馬が、

町民たちは慌てて家の中や、物陰に隠れます。

突進してきた馬はお弟子に向かっていったところでバッサリ斬られてしまいます。

そのあまりの見事な剣術に町の人たちはおどろきます。


何日か後に、もう1人のお弟子さんが町を歩いていると、向かいから暴れ馬が、


町の人達は、こっちのお弟子さんはどんな剣術をするのか、興味津々です。

すると


お弟子さん、


暴れ馬が見えると




すぐに・・・




隠れたそうです。



これには町の人達はガッカリ。

指南役はあの勇敢なお弟子さんがなるとみんなが思いました。



しかし、武蔵が選んだのは、隠れた方のお弟子さん。


町の人達の質問に


幾度となく命を懸けた果たし合いをしてきた武蔵は答えます。


『無闇に剣を使うものが、強さではない。』





剣術を極めたいがために、強くなりたいがために生きてきた男のたどり着いた境地は、


剣を置くことでした。




『無敵』

とは敵に勝つことじゃなく、

敵が無くなること。





『師は針、弟子は糸』 宮本武蔵

炭ってスゴい

地球の表面には地形の凸凹のために起こる変化に

よって、場所によって磁力の強弱ができているみ

たいなんです。

このことを『磁場』といいますが、炭は磁場勢力

を高める性質があり、それが人や動物、植物、物

質に好影響を与える。


炭には無数のめちゃくちゃ小さい穴があって、わ

ずか1グラムの炭の内部表面積は、テニスコート

の広さ(約300平方メートル)ほどもあるんで

すって!この内部表面に電子が集まって、地球が

回っている限り遠心力で徐々に広がって、磁場勢

力が広がっていく。

しかも、ここで集まった電子(マイナスイオン)は

、すべての生き物や物質に還元される。



人体にとっても酸化現象が抑制される。それは。

疲れにくい体になり、老化が抑えられ、病気に

なりにくきなるんだそうです。



消臭効果だけではなかったんですね!


川の水質浄化にも使用されていますもんね!

世に棲む日日

司馬遼太郎さんの『世に棲む日日』を読み終えました。


吉田松陰によって心を動かされた高杉晋作。






動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し



と言われた天才、高杉晋作。



病魔に侵された最後の歌が



『おもしろき
こともなき世を
おもしろく』


隣の県(藩)にも勝手に行けない。
産まれたときから身分が決まっている。
外国に無断で行くと死罪。


『自由』って言葉すらないような時代を

自分のこころに従って、生きた男の最後の言葉。



何もないような気になるときもおもしろく!

いいことなんて起こらないときでもおもしろく!

高杉晋作のメッセージ、


大切にします!


決して

『困った』と言わなかった男、高杉晋作。


戦争に行くのに、普段着のまま三味線を持って行った男、高杉晋作。


カッチョイイです。


明日はどんな日になるかはわからない。

ただどんな日にするかは自分次第。


『おもしろく』します。


感謝。

 | トップ | 

プロフィール

アホのそば屋

アホのそば屋

めん房朝日屋チーフのひとり言です
自称『アホのそば屋』です。
日々、沢山の『ありがとう』に、ありがとう。

カレンダー

« | 2012-03 | »
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。